第99回全国高校野球選手権大会は14日、兵庫県西宮市の甲子園球場で2回戦4試合を行い、第2試合に登場した2年ぶり18度目出場の高岡商は、東海大菅生(すがお)(西東京)と中盤まで互角の接戦を演じたものの、1-11で敗れた。2008年以来、9年ぶりとなる夏の甲子園勝利はならなかった。

  高岡商は二回表、先発したエース左腕の土合が先制本塁打を浴びたが、その裏、谷内の中前適時打で同点に追い付いた。三~五回は両チーム無得点。六回に犠飛で勝ち越され、七、八回にも1点を失った。九回は2番手の2年生左腕・山田と、再びマウンドに上がった土合が打ち込まれ7点を奪われた。打線は7安打を放ち再三得点圏...    
<記事全文を読む>