済美投手陣に無得点に抑えられてきた津田学園が9回に一矢報いた。下級生がつないだ打席で上級生が犠飛を放ち1点を返した。

 この回先頭の2年生の2番宮木が右前打で出塁。2年生の仲林の内野ゴロの間に二塁に到達すると、2年生の上下、1年生の藤井も死球で続き、1死満塁の好機を作った。

 ここで6番打者の3年生捕手久保田が打席に入り、済美・栗田の真っ直ぐ低めをとらえると打球は左犠飛に。この間に宮木が本塁に戻って、スコアボードに1を刻んだ。

 スタメン9人中5人が1、2年生の若いチーム。佐川監督は「新チームになって周りから弱い、弱いといわれながら甲子園で1勝できたのは、(3年生バッテリーの)水谷と...    
<記事全文を読む>