第99階全国高校野球選手権の第8日の14日、三重県代表の津田学園は、愛媛県代表の済美に敗れ、2回戦で甲子園球場を去った。1―7という悔しい結果に終わったが、応援に駆け付けた学校関係者は、ナインの成長と奮闘に惜しみない拍手を送った。

 この日は約1500人の学校関係者と地域住民ら約700人の計約2200人が応援に集まり、スタンドを緑色のメガホンとタオルで埋め尽くした。同学園の吹奏楽部員と卒業生、助っ人の桑名立光陵中吹奏楽部員ら約110人がスタンドの応援を支えた。

 部員と一緒に応援した同学園の小学5年善住時也君(10)=桑名市=は、1年の頃、帰宅途中に転んだところ、当時の野球部員らに...    
<記事全文を読む>