第99回全国高校野球選手権は14日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦4試合があり、三重県代表で初出場の津田学園(桑名市)は済美(愛媛県)に1―7で敗れて2勝目を挙げることはできなかった。前半は先発の水谷翼投手が済美主戦の八塚凌二投手と投手戦を繰り広げた。初回無安打で与えた先制点と4回、済美3番亀岡京平選手のソロ本塁打の計2失点で粘ったが、7回に亀岡の2点本塁打などで一挙5点を失った。打線は8回まで無得点。9回済美2番手の栗田智輝投手から安打と連続死球で1死満塁として久保田拓真選手の犠飛で1点を返すが反撃もここまでだった。大阪・PL学園時代、選手として甲子園球場に立った津田学園...    
<記事全文を読む>