八日に甲子園球場で開かれる全国高校野球選手権第一日第三試合で、三重県代表の津田学園(桑名市)が静岡県代表の藤枝明誠と一回戦を戦う。かつて〝最弱〟と言われた三年生を中心に7月の三重大会で初優勝。選手権では初の全国一勝を目指し、昨年10月の練習試合で大敗した難敵に挑む。 二年生で4番を打つ上下大地や、三重大会打率6割超の2番宮木滉生ら下級生に好素材が多いが、三年生にスター選手はいない。県一年生大会は地区予選で敗退。昨年秋の県大会、今年春の県大会はいずれも逆転負け。周囲からは、佐川竜朗教諭(39)の野球部監督就任後十年目で、最弱の学年と言われてきた。 監督の発案で、三年生の役職...    
<記事全文を読む>