兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で七日に開幕する第99回全国高校野球選手権大会に三重県代表として出場する、私立津田学園高校野球部の壮行会が三日、桑名市野田の同校で開かれた。三年生主戦で主将の水谷翼君は「一つ一つの言葉、振る舞いを大切にし、一球一球全力でプレーし最後に校歌を歌いたい」と述べ、夏では初の全国一勝に決意をみなぎらせた。 7月26日の三重大会決勝で三重を4―3で下して初優勝した。2点リードで迎えた九回裏、外野の失策で1点を返されたが、最後の打者を三振に仕留め、同点を許さなかった。平成八、14年春の選抜大会出場経験はあるが、夏の選手権大会出場は初めて。 津田大山田幼稚園...    
<記事全文を読む>