第99回全国高校野球選手権(7日から15日間・甲子園球場)の組み合わせ抽選会が4日、大阪市北区中之島のフェスティバルホールで行われ、3年ぶり4度目出場の県代表・大垣日大の初戦は、大会第6日の12日、第1試合(午前8時開始予定)の2回戦で天理(奈良)と決まった。

 大垣日大は県大会6試合で5失点と、エースの修行恵大を中心とした投手力と勝負強いつなぎの打線が武器。天理は2年ぶり28度目の出場で、大垣日大と同様、好守にバランスの取れたチーム。

...    
<記事全文を読む>