第99回全国高校野球選手権大会第4日は11日、甲子園球場で1回戦4試合が行われ、広島の広陵は六回に中村奨成選手の本塁打などで逆転し、10―6で中京大中京(愛知)を下した。広陵の夏の勝利は9年ぶり。最多7度の優勝を誇る中京大中京の初戦敗退は1959年以来、58年ぶり。

...    
<記事全文を読む>