投手戦のち乱打戦、そして再び投手戦へ。試合の展開は序盤、中盤、終盤でめまぐるしく入れ替わった。必死で食らいつき、取られても取り返す。藤枝明誠ナインの思いは一つ。「(久保田)蒼布を勝利投手にしたい」だった。

 主戦久保田は序盤は直球とスライダー、チェンジアップを制球良く内外角に投げ分け、3回を無失点と上々の立ち上がりだった。しかし中盤、ボール球を見極められ、甘い球を痛打された。

 捕手服部は「コースは気にせず真ん中低めに、甘い球と見せかけて打たせていこう」と方針転換。久保田は「点を取られても味方が取り返してくれたので辛抱強く投げられた」と粘投を続けた。

 延長十一回2死一、二塁の場面で...    
<記事全文を読む>