7日開幕の第99回全国高校野球選手権に出場する静岡県代表の藤枝明誠は2日、京都府の京都学園大京都亀岡キャンパス野球場で約4時間、守備、打撃練習に打ち込んだ。

 静岡大会の準決勝、決勝は打線に勢いがあったが、光岡監督は「根本は守備。無駄な四球、失策の少なさが優勝できた一番の要因。そこを間違えないように」とナインにチームの原点を再確認させた。

 シートノックではミスが散見され、指揮官の怒号も飛んだ。大阪入り後は練習時間が不規則なため、選手は生活のリズムを整えようと試行錯誤している。二塁手松村は「空き時間の使い方に慣れていないので準備が難しい。足が動かなかった」。一塁手清水も「環境が変わ...    
<記事全文を読む>