「甲子園で勝てる投手になりたい」。日本文理の主戦稲垣豪人が7安打2失点に抑える粘りの投球を見せ、有言実行を果たした。

 四回途中から3番手で登板し、130キロ台中盤の直球とスプリットを低めに集めた。新潟大会では温存していたチェンジアップも投げた。

 昨夏は2年生でエースの座をつかむが、秋には同学年の西村勇輝に奪われた。悔しさをバネに体幹や下半身のトレーニングに積極的に取り組み、シャドーピッチングを毎日繰り返してフォームを固めた。

 「1は特別な番号」という稲垣は、2014年にチームを4強に導いたエース飯塚悟史投手(現DeNA)を目標に据える。元ヤクルト投手で日本文理出身の本間忠氏から...    
<記事全文を読む>