エースが早々と攻略され、「5点取って3点以内に抑える」というゲームプランはあっさりと崩れた。鳴門渦潮は二回までに大量7点を失い、打線がはね返すことはできなかった。

 左腕の河野は「いつものように狙ったところに球がいかず、ボール球を振らせる狙いも見透かされていた」。甲子園入りしてから、球がずっと上ずっていた。徳島大会で面白いように空振りを取った落ちるスライダーを見送られる。苦し紛れに投じた高めの甘い直球を痛打される悪循環に陥った。

  相手の左打者は強力だった。一回は3番に2点本塁打を打たれ、二回は6番の本塁打を含む長打3本を浴びて5失点。河野は「ずっと投げたかった」と言うものの、途...    
<記事全文を読む>