第99回全国高校野球選手権大会は12日、甲子園球場で1回戦の残り2試合と2回戦1試合を行った。本県代表で3年ぶり9回目出場の日本文理は鳴門渦潮(徳島)を9-5で破り、2回戦に進んだ。本県代表の初戦突破は、日本文理が2014年にベスト4に入って以来。

 日本文理は川村啓真と笠原遥也の2点本塁打など、二回までに9安打を集めて7点を挙げた。中盤は無得点に抑えられたが、八回に2点を加えてダメを押した。投手陣は3人の継投でしのいだ。

 日本文理の2回戦は大会第9日の16日、第3試合(午後2時半開始予定)で、2年ぶり26回目出場の仙台育英(宮城)と対戦する。

 神戸国際大付は七回に谷口の2打席連...    
<記事全文を読む>