第99回全国高校野球選手権大会第5日は12日、甲子園球場で3試合があり、1回戦第2試合に臨んだ徳島県代表の鳴門渦潮は5―9で日本文理(新潟)に敗れ、現校名となってからの初勝利はならなかった。

   鳴門渦潮は先発のエース河野成季が乱調だった。一回1死一塁から3番打者に中越え本塁打を打たれ、2点を先制された。

  二回は1死後、連続四球などで一、三塁のピンチを招いた。その後、連続二塁打と2点本塁打を許し、計5点を追加された。

  7点をリードされた後、反撃を開始。三回無死一、二塁から敵失と内野ゴロで2点、四回には鈴江竜飛の中前適時打で1点を返した。流れを引き戻す粘りを見せたが、八回に2...    
<記事全文を読む>