日本文理は6日、開会式のリハーサル終了後、大阪府池田市内で約1時間半、練習した。新潟大会後初めて投手陣が打者相手に投球。決勝から11日ぶりの“登板”となった2年生右腕・鈴木裕太も3人と対戦し、2奪三振。「(決勝後)調整した変化球がいい感じだった」とうなずいた。

 

...    
<記事全文を読む>