県高野連は25日、第137回秋季北信越高校野球県大会地区予選の組み合わせ抽選会を4地区それぞれで行い、別表の通りに対戦相手が決まった。4地区とも9月2日に開幕し、9月17日にそれぞれ決勝がある。

 各地区とも予備戦の成績により4校ずつをシードした。4地区の上位6校(計24校)が、9月23日から上田県営、長野オリンピックスタジアム、長野県営の3球場で開かれる県大会に出場する。

 【東信】16チームが出場。シード校の4校は、夏の長野大会準優勝の佐久長聖が、上田染谷丘と初戦を戦い、24年ぶりに夏4強入りした岩村田が野沢北と、上田西は地球環境と、小諸商は蓼科と、それぞれ初戦で当たる。

 【北...    
<記事全文を読む>