神奈川代表の横浜は11日の第2試合(午前10時半開始予定)で秀岳館(熊本)との1回戦に臨む。10日は大阪府豊中市内で練習し、初戦に備えた。

 秀岳館の田浦、川端の両左腕を想定して、左投手を相手にシート打撃を行ったほか、フリー打撃では4番増田、万波らが快音を響かせた。平田徹監督は「少ないチャンスを何とかものにして、ありとあらゆる手を尽くして得点に結び付けたい」と意気込み、増田は「打撃でチームを勢い付けられるよう、勝利に徹する一本を打ちたい」と闘志を燃やした。

...    
<記事全文を読む>