第99回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルが6日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、県代表の秀岳館も全国の代表校とともに入場行進の練習をした。

 代表49校は北から南の順に入場した。春夏計4回目の甲子園出場となる広部就平主将(3年)は「自分を成長させてくれた場所にまた戻ってきた。何度来ても懐かしさがある」と感慨深そうに話した。

 リハーサル後、選手たちは大阪府貝塚市内に移動して調整練習。キャッチボールや打撃、ノックなどの練習に汗を流した。

 台風5号の接近に伴い、開幕は7日から8日に順延となり、全日程が1日繰り下がった。秀岳館と神奈川県代表の横浜の初戦は11日第2試合(午前10時...    
<記事全文を読む>