野球のU-18(18歳以下)ワールドカップ(9月1日開幕・サンダーベイ=カナダ)に出場する高校日本代表が25日、千葉県内のグラウンドで千葉工大と練習試合を行い、主将の清宮幸太郎(東京・早実)が高校通算最多とされる単独トップの108号本塁打を放った。練習試合が含まれる高校通算本塁打は公式なものではない。

 清宮は4番・一塁で先発し、五回の第3打席で右越えに2ラン本塁打を運んだ。7月の全国選手権西東京大会で、山本大貴(兵庫・神港学園)が2012年にマークした107本に並んでいた。

 清宮とともにプロ注目のスラッガー、安田尚憲(大阪・履正社)はこの日、2本塁打をマークした。大会に備え選手...    
<記事全文を読む>