5点リードの六回二死三塁。「思い切ってやれ」。前日に父の卓(たかし)さん(50)から送られたメールの言葉を胸に打席に入った。内角低めの直球を右中間へ運ぶ2ラン本塁打。「一緒に練習してきた後輩のおかげで打てた。ホームランボールは親に見せます」。すっきりした表情で、支えられた人たちへの感謝を語った。

 横浜市出身で小学二年の時に野球を始めた。縦じまのユニホームに憧れて進んだ高校で、新チームとなった二年秋にもらった背番号は16。試合に出る機会が少なく「レギュラーになれるか微妙」。仲が良い一つ下の後輩、坂本幹太さんが投手役を務めてくれて打撃練習に励んだ。

 三年春からレギュラーに定着し、夏...    
<記事全文を読む>