東海大菅生が一発攻勢で快勝した。一回に小玉、三回に佐藤、六回に松井がそれぞれ2ラン。積極的に振り、長打7本と迫力ある攻めで主導権を握った。先発の松本は低めに変化球を集めて8回を無四球で1失点。守備も軽快だった。

 終始追う展開だった三本松は10安打を放つも決定打が出なかった。九回は1死満塁としたが、連続三振に終わった。

 あざやかな先制攻撃だった。東海大菅生は一回1死一塁で、主将の3番小玉。2ボールからの3球目、「初回だからストライクを入れてくる」との読みが当たり、甘く入った直球を右翼席へ運んだ。4番片山も「試合の最初に思い切り振ろうと思って」と初球をフルスイングして左中間へ二塁打...    
<記事全文を読む>