第99回全国高校野球選手権大会10日目の十八日、東京勢2校が8強をかけた試合に臨む。二松学舎大付(東東京)は3回戦第2試合で三本松(香川)と、東海大菅生(西東京)は同第4試合で青森山田(青森)とそれぞれ対戦する。

 春夏通算6回目の甲子園出場の東海大菅生は、今大会の16強が最高。若林弘泰監督(51)は「先発投手が最少失点に抑え、守備はノーエラーで守り勝ちたい。2戦目で選手もリラックスしている。数多く校歌を歌いたい」と意気込む。

 対戦相手の青森山田は、2回戦で彦根東(滋賀)を6-2で破った。青森山田の7番、中沢樹希也選手(二年)は2回戦で2打席連続本塁打を放ち、若林監督は「1~6番...    
<記事全文を読む>