第6日は13日、4試合が行われ、明桜(秋田)が19安打の猛攻を受け、2-14で二松学舎大付(東東京)に敗れた。

 ▽2回戦(第3試合)二松学舎大付(東東京)030113321=14明    桜(秋 田)000001001=2 【評】明桜が大敗した。二回に先発佐藤が4安打から3点を許すと、四回以降も毎回失点。2投手をつないだが、6失策も響いて猛攻をかわすことができなかった。打線は六回の3連打と、九回の松本大の左越え本塁打で1点ずつを返すのが精いっぱいだった。

 二松学舎大付は下位まで打線に切れ目がなかった。<松本大、意地の一発> 敗色が濃厚な九回、明桜の松本大が意地の一発を放った。二...    
<記事全文を読む>