背番号11から「昇格」した背番号1は粘り強く投げ抜いた。東海大菅生の先発松本が1失点で完投。「背番号1をつけて甲子園で投げる夢がかなった」と表情を緩めた。

 序盤は硬さが出た。西東京大会では4試合、26回1/3を投げてわずか2四死球と抜群だった制球が乱れる。「少し緊張して、球が抜けたり高めに浮いたり」。二回2死から2者連続で四球を出すと、続く打者に中前に運ばれて追いつかれた。その後も毎回のように走者は出したが、仲間の好守にも助けられて要所を締め、追加点は許さなかった。

 バットでも貢献した。2-1の七回。2死二塁で打席が回った。甘く入ってきた直球を右前にはじき返し、貴重な追加点を挙...    
<記事全文を読む>