大会6日目の13日、東東京代表の二松学舎大付は第3試合で明桜(秋田)との初戦に臨む。互いに投手力に定評がある。どんな戦いになるか、二松学舎大付の市原勝人監督(52)と明桜の輿石(こしいし)重弘監督(54)に聞いた。

 (増井のぞみ) -相手の印象は。

 市原監督 (投手の)山口(航輝)君を中心に、投打のバランスが取れている。

 輿石監督 左のエース(市川睦(あつし)投手)がいて、打撃ではバットをしっかり振ってくる。

 -予想される試合展開は。

 市原監督 初戦で力を発揮するのは難しいが、最少失点にしてロースコアのゲームにしたい。

 輿石監督 うちはチャレンジャー。甲子園を楽しみ、しっかり守...    
<記事全文を読む>