七日に甲子園球場で開幕する全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が四日、大阪市北区のフェスティバルホールで開かれた。3年ぶり2回目の出場の二松学舎大付(東東京)は、大会6日目第3試合で明桜(秋田)と、17年ぶり3回目の東海大菅生(西東京)は7日目第2試合で高岡商(富山)と対戦することが決まった。(村松権主麿) 二松学舎大付は昨春、秋田県での招待試合で明桜と対戦して勝利したといい、市原勝人監督(52)は「縁があると思った。選手の能力が高いと記憶している」と振り返った。初戦に向けて「いい緊張感とリラックスのバランスを取り、平常心で臨みたい」と話した。

 松江京(きょう)主将は「相手...    
<記事全文を読む>