甲子園球場(兵庫県西宮市)で八日に開幕する第99回全国高校野球選手権大会。県勢が深紅の大優勝旗を獲得したのは1975(昭和50)年の習志野が最後となっている。2年連続6回目の出場となる木更津総合は「全国制覇」を目標に掲げ、大会3日目の十日、日本航空石川(石川)との初戦に臨む。

 (山口登史) 「打撃に自信があり、上位だけでなく下位打線でも点が取れるチーム」。峯村貴希主将(三年)はチームの特徴をこう話す。

 冬場に1時間のランニングや筋力アップに励んだほか、守備や打撃の基本動作の確認など厳しい練習で底力を蓄えた。それが甲子園出場の原動力となった。

 今夏の県大会のチーム打率は3割7分で...    
<記事全文を読む>