花咲徳栄が第99回全国高校野球選手権で初の決勝に進出した。オール加須で応援しようと、準決勝の東海大菅生(西東京)戦のパブリックビューイング(PV)が22日、埼玉県加須市上三俣のパストラルかぞ大ホールで行われた。延長十一回の接戦の末に9―6で競り勝つと、後輩の小学生らは「さあ、次は決勝だ」と気合を入れていた。市は23日の決勝でも、同所でPVを実施する。

 大ホールには横7・6メートル、縦5メートルの340インチスクリーンが用意され、約330人が応援した。太刀岡蓮選手は地元の加須市北川辺地区出身。昨年10月の全労済カップ県小学生軟式野球大会で優勝した「北川辺ウォーターズ」の選手らも大...    
<記事全文を読む>