打席でバットを構えた瞬間、音が消えた。3万人の歓声も大音量の吹奏楽も聞こえなくなった。

 1点を追う四回表2死二塁。集中力は極限まで高まっていた。追い込まれてからの3球目。直球が止まって見えた。

 芯で捉えた打球は左翼線へ一直線。同点に追い付く適時二塁打を放った。

 これまで公式戦の独特な雰囲気が苦手だった。応援の演奏が耳に入ると緊張で体が硬くなってしまう。

 「おまえ変なところで待ってたよな」。大宮公園球場での試合で、ホームベースの後ろに書かれた「OMIYA」の「O」の文字を、次打者席と間違えたことは今でもチームで定番の笑い話だ。

 でも本人にとって笑い事ではなかった。今年の春季関東大...    
<記事全文を読む>