花咲徳栄が快勝した。二回に野村のソロ本塁打で先制。四回は内野ゴロの間に加点し、五回には高井、小川の連続適時打などで一挙4点を奪った。先発の綱脇は制球が良く、8回を1失点。連打を許さず、無四球と危なげなかった。

 盛岡大付は先制された直後の二回に籔内の二塁打で追い付いたが、その後は打線がつながらなかった。

 花咲徳栄の先発綱脇は、岩井監督から「頑張って五回まではいけよ」と激励なのか皮肉なのか分からない言葉で送り出された。しかし五回どころか、八回まで好投。右腕は「一人一人しっかり打ち取ろう」と丁寧に腕を振り、前日に19安打していた盛岡大付打線を6安打1失点に抑えた。

 鋭く落ちるスライダ...    
<記事全文を読む>