第99回全国高校野球選手権大会第12日は20日、兵庫県西宮市の甲子園球場で準々決勝4試合を行い、第4試合に登場した埼玉代表の花咲徳栄(3年連続5度目)は盛岡大付(岩手)を10-1で下し、初の4強入りを果たした。

 県勢の4強入りは1993年の75回大会で準優勝した春日部共栄以来24年ぶり。

 花咲徳栄は、休養日をはさみ大会13日の22日、初の決勝戦進出を懸けて東海大菅生(西東京)と対戦する(12時30分開始予定)。

...    
<記事全文を読む>