第99回全国高校野球選手権大会第11日は19日、兵庫県の甲子園球場で3回戦4試合を行い、第2試合に登場した埼玉代表の花咲徳栄は前橋育英(群馬)に10―4で快勝し、2年ぶり2度目のベスト8に進出した。花咲徳栄は大会第12日の20日、初の4強入りを懸けて盛岡大付(岩手)と対戦する(15時30分開始予定)。

 県勢で夏の甲子園3勝を挙げたのは、1993年の75回大会で、4勝を挙げて準優勝した春日部共栄以来、24年ぶり。

 花咲徳栄は3戦連続2桁安打となる13安打を放った。13安打中6本が二塁打以上の長打で打線が好調を維持。先制、中押し、ダメ押しと効率良く得点して試合の主導権を握った。投げ...    
<記事全文を読む>