好調な打線の波に乗り、不振に悩んでいた4番が目を覚ました。花咲徳栄の野村が4打数3安打1打点と貢献。「甲子園へ連れてきてもらった先輩たちに恩返しがしたかった」。先発メンバー唯一の2年生が初めての大舞台で結果を出した。

 岩井監督が勝利を予感したのは三回という。「先手、先手と思っていたので4点目が効いた」。その本塁を踏んだのが野村だった。先頭打者。開星の左腕・中村はスライダーを見せた後、2球目は似た軌道でタイミングを外す緩いカーブを投じた。野村はへその高さでバットを構え、揺らしながらタイミングをとる新打法で振り抜き、追加点の足掛かりとなる左前打を放った。

 埼玉大会の決勝は5打数無安...    
<記事全文を読む>