開幕を翌日に控えたチームは7日、台風による降雨の影響で午後2時から、堺市内の室内練習場で約2時間、10日の第2試合で行われる開星(島根)との1回戦に向けて調整を実施した。

 室内練習場ではウオーミングアップの後、ストレッチ棒を使って肩甲骨や股関節周りをストレッチ。その後、メンバーは2班に分かれ、打撃練習と塚原トレーニングコーチの下で体幹トレーニングを行った。3番西川は「準備できる時間が増えた分、順延はありがたい」と熱心にバットを振り込んでいた。

 午前にはメンバーと監督でミーティングを実施。初戦の相手となるエース左腕に対し「低めのボールを振らないこと」「外角球をフライにしないこと」...    
<記事全文を読む>