台風の影響で10日に開星(島根)との1回戦を迎えることになったチームは6日、午前9時から甲子園球場で行われた開会式のリハーサルに参加。その後、一度宿舎に戻って昼食を取り、午後3時半から西宮市の鳴尾浜臨海公園野球場で2時間、体を動かした。

 リハーサルではメンバー18人が落ち着いた様子で甲子園のグラウンドを踏みしめた。2年生の野村は「甲子園練習では雰囲気に圧倒されたが、ここで野球ができるんだと実感が湧いてきた」と振り返った。

 午後からの練習ではウオーミングアップで肩甲骨や股関節回りを入念にストレッチ。その後、キャッチボールし、内外野に分かれてノックを受けた。最後はシートバッティング...    
<記事全文を読む>