第99回全国高校野球選手権大会(7日から15日間・甲子園)の組み合わせ抽選会は4日、大阪市のフェスティバルホールで行われ、3年連続5度目の出場となる花咲徳栄は9日の第3日第2試合で、3年ぶり10度目出場の開星(島根)と1回戦を争うことが決まった。

 抽選会では予備抽選で決定した順にくじ引きを実施。花咲徳栄の千丸剛主将は出場49校中49番目に札を引いた。最後に残された9番Bのくじを引き、41番目に組み合わせ表に収まった開星の隣に入った。千丸主将は「対戦相手にどこが来たとしても、自分たちの野球をやるだけ」と力強く一戦必勝を誓った。

 岩井監督は「大会3日目か4日目に入れば良いと思ってい...    
<記事全文を読む>