全国高校野球選手権埼玉大会で3年連続5度目の優勝を果たし、7日から甲子園で開幕する全国大会に出場する花咲徳栄高校が31日、県庁の上田清司知事を訪れた。千丸剛主将は「156チームの代表として、優勝を目指して全力を尽くす」と誓った。

 花咲徳栄の持ち味は、緻密な野球と強力打線。27日の埼玉大会決勝では、秋春王者の浦和学院を5―2で下し、一県一代表制では史上初の3連覇を成し遂げた。

 上田知事は「大変な苦労の中で栄冠を勝ち取り、王者の中の王者。普段の力を(甲子園の)大舞台で発揮するのは困難だが、考えられないような力を出せることを期待している」と激励した。

 表敬訪問後、岩井隆監督は「強い使...    
<記事全文を読む>