高校野球の来春の選抜大会につながる第70回秋季関東地区大会県予選(9月2日~10月1日、桐生など9球場)の組み合わせ抽選会が28日、前橋工で行われている。  午後4時前から開始され、出場62チーム(66校)の対戦が間もなく決まる。  夏の甲子園に出場した前橋育英のほか、各地区リーグの上位2校(前橋商、沼田、健大高崎、富岡、桐生第一、関学附)と、各リーグ準決勝敗退校による事前抽選で選ばれた伊勢崎工を加えた計8校をシードとした。  板倉、万場、樹徳の3校が不参加。尾瀬・下仁田・松井田・長野原と榛名・利根実が連合チームを組む。  上位2校が10月21~25日に神奈川県で行われる関東大...    
<記事全文を読む>