鮮やかな速攻で、2年ぶり2度目のベスト8-。第99回全国高校野球選手権大会11日目の19日、花咲徳栄は初回から打線が爆発し、10-4で前橋育英(群馬)に快勝した。20日の準々決勝第4試合で、盛岡大付(岩手)と対戦する。(石井紀代美) スクールカラーの水色のポロシャツと帽子を身に着けた応援団約1000人が詰め掛けた三塁側スタンド。大音量の声援が、2回戦でも5点を奪った初回の攻撃を勢い付けた。

 2番千丸(ちまる)剛選手(三年)の二塁打を皮切りに、3番西川愛也(まなや)選手(同)、4番野村佑希選手(二年)の長打などで畳み掛ける。打者9人の猛攻で一挙4点を先制。青のメガホンを突き上げた...    
<記事全文を読む>