第99回全国高校野球選手権大会第11日は19日、甲子園球場で3回戦の残り4試合が行われ、仙台育英(宮城)盛岡大付(岩手)広陵(広島)花咲徳栄(埼玉)が勝ってベスト8が出そろった。

 花咲徳栄は10―4で前橋育英(群馬)を下して2年ぶりの準々決勝進出を果たした。埼玉勢は春夏通算110勝。

 長短13安打で10得点した花咲徳栄が前橋育英を退けた。一回に西川の適時三塁打、野村の適時二塁打などで4点を先行。三回には綱脇の適時打、四回は西川の2点二塁打でリードを広げた。七回は高井の2点打、九回は清水の適時二塁打で計10得点した。先発綱脇は七回途中までで8安打されたが連打は許さず。リリーフ清水...    
<記事全文を読む>