第99回全国高校野球選手権大会第11日は19日、兵庫県の甲子園球場で3回戦4試合を実施し、埼玉代表の花咲徳栄は前橋育英(群馬)に10―4で快勝。三塁側アルプススタンドからナインの勇姿を見つめた父母たちは「良くやったぞ」「良い試合だった」と選手をたたえていた。

 父母会長を務める高井悠太郎選手の父・隆行さん(50)は「甲子園は小さい頃からの夢だった。四死球でも守備でもなんでもいいからチームに貢献する活躍を」と願っていた。しかも、この日は高井選手の母・薫さん(48)の誕生日。高井選手は3安打2打点と活躍し、薫さんは「思い切ったプレーをしていたし、本当に良い誕生日になった」と喜んだ。

 ...    
<記事全文を読む>