◇全国高校野球選手権 花咲徳栄10-4前橋育英 花咲徳栄は好機を着実に得点につなげて10点を奪った。一回に千丸、西川、野村の3連続長打などで4点を先制。2点差に迫られた三回に1点を加えると、四回には西川の2点二塁打で突き放した。投手陣は継投で11安打されながら4失点でしのいだ。

 前橋育英は投手陣が踏ん張れず、四回から救援した皆川も本来の球威がなかった。

      ◇ ここまで2試合は「低めは打つな」などと指示を徹底して守ってきた花咲徳栄。しかし16強となると相手も強豪。前橋育英は好投手2人を擁する。この日は「(どの球も)反応できたら打っていい」と岩井監督。「今までは大事に勝ってき...    
<記事全文を読む>