第99回全国高校野球選手権大会に出場している県勢の前橋育英は十六日、2回戦で明徳義塾(高知)を3-1で破った。雨で一日延びた試合でも、安定した試合運びで、この日が五十三歳の誕生日だった荒井直樹監督に白星をプレゼントした。四年前の全国制覇以来のベスト16進出で、アルプス席は歓喜に包まれた。3回戦は十九日、花咲徳栄(埼玉)と対戦する。

 (藤原哲也、加藤豊大) 順延の影響で予定より百人ほど減ったが、生徒や選手の保護者ら約四百人がスタンドに陣取った。その中には荒井監督の妻で、選手寮の寮母を務める寿美世(すみよ)さん(53)と、長男で野球部OBの拓海さん(25)の姿も。

 寿美世さんは「監...    
<記事全文を読む>