第99回全国高校野球選手権大会第2日は9日、兵庫県西宮市の甲子園球場で1回戦4試合を行い、7年連続で13度目の出場を果たした前回覇者の作新はセンバツ8強の盛岡大付(岩手)に1-4で敗れ、史上7校目となる夏の甲子園連覇はならなかった。強力打線が相手投手に散発2安打に抑え込まれた。作新の初戦敗退は2014年の第96回大会以来、3年ぶり。

 九回2死満塁。力なく右翼に上がった飛球が、この日の作新を象徴していた。

 栃木大会で猛威を振るった作新打線が、わずか2安打に抑えられた。初戦で夏連覇の夢が破れ、「相手投手にテンポ良く投げさせてしまった。選手が打てなかったのはベンチの責任」。小針崇宏...    
<記事全文を読む>