同じユニホームを着て、必死で目指した甲子園。背番号3を着けてグラウンドに立つ姿に、アルプススタンドの2人の兄は誇らしげだった。作新学院高の5番ファーストで先発出場した七井祐吏(なないゆうり)選手(17)。9日の初戦で敗れたが、「家族に支えられてきたおかげで夏の甲子園でプレーできた」と感謝を口にした。

 野球好きの父伸之(のぶゆき)さん(51)の影響で野球少年に育った3兄弟。長男大貴(だいき)さん(21)は2011年、康介(こうすけ)さん(19)は13年に同校野球部の門をたたいた。大貴さんが入学したのは7連覇が始まった年。大貴さんは惜しくもベンチ入りできず、康介さんは背番号12をつ...    
<記事全文を読む>