盛岡大付は平松が緩急を生かした投球で1失点完投し、昨夏全国制覇の作新学院を破った。立ち上がりは制球に苦しみ先制を許したが、以降はテンポよく打ち取った。打線は五回に暴投で勝ち越すと、2死一、二塁から比嘉の2点適時打でリードを広げた。作新学院は平松のスライダーを攻略できず、散発の2安打。投手陣を援護できなかった。

      ◇ 痛恨のバッテリーミスで2連覇の夢が消えた。1-1の五回1死一、三塁のピンチ。作新学院の左腕・大関は2番打者を2ストライクと追い込み、3球目に空振り三振を狙った。そのスライダーが低く外れる暴投となり、捕手の後ろに転がる間に三塁走者が生還した。

 要求したボールを...    
<記事全文を読む>