7日に甲子園球場で開幕する第99回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が4日、大阪市北区のフェスティバルホールで開かれ、史上7校目となる夏連覇を狙う本県代表の作新は大会第2日の第1試合(8日午前8時開始)でセンバツ8強の盛岡大付(岩手)と1回戦で対戦することが決まった。

 作新は7年連続13回目の出場。抽選会では2校ずつ出場する北海道と東京都の代表校が先にくじを引いた後、各府県の代表45校の主将らが予備抽選の順にくじを引いた。作新の添田真聖(そえだまさと)主将は32番目にくじを引き、15番目に引いた盛岡大付との対戦が決まった。

 盛岡大付は2年連続10回目の出場。3季連続の甲子...    
<記事全文を読む>