◆松商学園12-3土浦日大 第九十九回全国高校野球選手権大会に出場した松商学園は、九日の第二試合で土浦日大(茨城)に12-3で勝ち、十七年ぶりに初戦を突破した。一回、藤井大地主将(三年)の左前打で先制。その後は今大会初の毎回安打で、小刻みに得点を重ね、21安打を放ち土浦日大を圧倒した。先発のエース青柳真珠(ましゅう)投手(同)は、強力な相手打線を11奪三振、3失点に抑え、二〇一一年に就任した足立修監督に、夏の甲子園初勝利をプレゼントした。二回戦は大会八日目の十五日、第一試合で盛岡大付(岩手)と対戦する。◆カメラ席ダイブ気迫の飛球好捕 藤井主将 先制適時打をはじめ3打点と活躍した藤...    
<記事全文を読む>