第99回全国高校野球選手権大会(7日から15日間・甲子園)に出場する本県代表の土浦日大は3日、大阪府高槻市の萩谷総合公園野球場で練習を行った。 午前11時から約1時間半、野手陣は打撃練習、投手陣は投げ込みを中心に行い、汗を流した。午後5時からは宿舎で約1時間半のメンタルトレーニングを行った。4日に組み合わせ抽選会を控えるナインについて、小菅勲監督(50)は「ムードが良い。井上(莞嗣・2年)は投打ともに好調で、投手陣では本間(珠羽・2年)の調子が良い」と話した。 約30球投げ込んだ本間は「スライダーがコースに決まっていた」と笑顔。エースの富田卓(2年)は「体の張りも疲労もな...    
<記事全文を読む>