第99回全国高校野球選手権大会に31年ぶり3度目の出場を決めた土浦日大高野球部の選手と同校関係者が31日、県庁や土浦市役所などを訪れ、「堂々と戦う」と、甲子園での活躍を誓った。 訪問したのは、三村航平主将(3年)と関根一沙選手(同)、富田卓選手(2年)と小菅勲監督、佐藤豊理事長、吉田正俊校長ら。 橋本昌知事に優勝を報告した三村主将は「茨城の代表らしく堂々と戦いたい」と意気込んだ。関根選手は「全国制覇を目指す」、富田選手は「勝って茨城を元気づけたい」と抱負。橋本知事は「これまでやってきた成果を発揮し、粘り強い野球を見せてほしい」と激励した。 地元の土浦市役所では、3選手と...    
<記事全文を読む>